アンチエイジング シワ

お肌にシワが出来るわけ

老化と言えば、まず一番初めに思い浮かぶのがお肌のシワ。
目元やおでこ、口元にシワがあると一気に老け込んで見えます。

 

シワが気になって、にっこり笑えない、という気もちになってしまうこともあるほど。
学生時代の友達にばったり会った時に、「シワがいっぱいで老けてる」と思われるのは
正直言って我慢できませんよね。

 

シワはなぜできるのでしょう?カッサカサに乾燥したお肌だから、しわが出来る?
いえ、そうではないのです。

 

お肌のシワの原因は、真皮細胞のコラーゲンが減ったり、質が低下したこと、なのです。
真皮細胞の中にはコラーゲンがあり、お肌の弾力を保つ役割を担っています。

 

この、大切なコラーゲンが減ると、その部分の表皮が凹み、結果的にお肌に凹凸が出来る。
それがシワの正体です。

シワが出来るから、化粧水をいっぱいしみ込ませればよい良い、はほんと?

シワは乾燥が原因、と考えたなら、化粧水をたくさんお肌にしみこませればシワが減る!という結論になりますね。
でも実は、これは、間違い。

 

先ほども書きましたが、シワの原因は水分ではなく、お肌の真皮にあるコラーゲンの量と質に有ります。
やみくもに水分だけ補給しても意味がないのです。

 

お肌の真皮細胞の8割を占めるコラーゲンは、本来は自分の力で作り出しているものです。
でも、加齢によって、コラーゲンを創り出す力が低下してしまい、結果的に量や質が不足してしまいます。
とくに40歳を過ぎると、生産できる量はガクッとヘる…。

 

40代になった時に「お肌にシワが急に増えた気がする…」と感じる女性も多いのもうなずけます。
慌ててコラーゲンドリンクを飲んでみたり、コラーゲン入りの化粧水をパシャパシャやってもNG。

 

コラーゲンが入っているもの、ではなくて、コラーゲンを増やす成分の入っているものを選ぶのが賢い方法。
それはビタミンC誘導体や、レチノール、ナイアシンが代表的なもの。
化粧水の中に、これらの成分が入っているかどうかを確かめます。

 

朝、洗顔の後に顔全体に丁寧になじませるのが効果的です。